お尻 黒ずみ

プチノンの黒ずみケア成分

プチノンには、5種類の美白ケア成分でお尻の黒ずみにアプローチします。
メラミンの生成を抑え、しみ・そばかすを防いだり、汚れによる黒ずみも解消していきます。

 

美白 有効成分 水溶性プラセンタエキス

プチノン お尻黒ずみ

プラセンタの良い成分を抽出した水溶性プラセンタエキスは、

もともとプラセンタは古代からも美肌効果があるとしてよく利用され、クレオパトラや楊貴妃、マリーアントワネットも使用していたそうです。

水溶性プラセンタエキスは、お肌に塗ることで、肌を活性化させ、角質をとってくすみがなくなり、肌を美肌・美白に導きます。

また、しみを予防する効果があるので、肌が白く透明感のある肌になります。

プラセンタには、ニキビなどの肌トラブルの改善の効果もあります。

 

プルーン酵素分解物

プチノン お尻黒ずみ 

ラニンを作っても外から見えなくさせることで“肌を黒化”させない効果を期待することができます。表皮の角質細胞がメラニンを取り込む作用を抑制することで、肌の色が黒くなることを防ぎます。

 

コメヌカ抽出物水解液A

プチノン お尻黒ずみ 

コメ抽出物加水分解液とは、米から抽出される天然由来の成分。

最近では、お米には「ライスパワー」と呼ばれる米特有の成分が含まれていると注目の成分です。

細胞活性化作用により美白効果があり、またコラーゲン生成促進効果もあります。

 

ビサボロール

プチノン お尻黒ずみ 

ビサボロールは、カモミールなどの精油に含まれる成分で、高い美白効果があります。

ビサボロールは、メラニンの生成を抑えたり、コラーゲンの生成促進の働きを持っているので、ニキビケアはもちろん、ニキビ痕やニキビの予防にも効果が期待できます。

つまり・・・お尻の黒ずみに対策によい成分ですね。

 

ビタミンC誘導体

プチノン お尻黒ずみ 

美白ケアでの人気の成分です。

ビタミンCは抗酸化作用や美白などの効果に優れた成分なのですが、壊れやすく不安定なため、化粧品に配合してもビタミンCの効果が発揮されにくいという欠点がありましたが、ビタミンCのチカラを損なわないよう人工的に改良し、安定化させた成分が「ビタミンC誘導体」です。誘導体化させたビタミンCは、皮膚への浸透力を高め、皮膚内に浸透してからビタミンCに変化するという特徴を持っています。

ビタミンC誘導体には、抗酸化作用、新陳代謝を促す作用、できてしまったメラニンを還元して色素沈着を防ぐ作用、皮脂分泌のコントロール作用、肌をなめらかにする作用などがあります。

プチノンに含まれたビタミンC 誘導体は成分表では、3-O-エチルアスコルビン酸と明記されています。3-O-エチルアスコルビン酸は、酵素反応を必要としないことで、皮膚内で即ビタミンCとして作用し、即効性があると共に、水溶性ビタミンC誘導体の弱点であった持続性についても、72時間程度といった持続性があります。